Labo&Tea room〜夏のハーブの使い方〜

    急遽決定!

    開催間近でのご案内ですが

    6月22日(土)高知のハーブ専門農園

    ”まるふく農園”さんをお招きして

    ハーブの使い方提案とWS

    &ハーブのお茶会を

    開催することになりました!

     今ぐんぐんと伸び盛りのハーブ、

    たくさん成長しても特に使わず

    剪定して終了...ということも

    多いのではないでしょうか。

     

    今回はハーブの使い道のご提案として

    まるふく農園さんにご持参いただくハーブを使い

    虫除けとして使えるハーブチンキ作り、

    夏のテーブルを涼しく彩るコツのご紹介と

    ハーブティに飾るミニブーケ作りをします。

    WSの後は

    美味しい生ハーブティの入れ方や

    いろいろな種類のハーブのお話を聞きながら

    自作のハーブブーケで飾った

    ハーブティーでティタイム。

    先日美味しいベーグルを届けていただいた

    福岡 IMUSTANさんの

    ハーブのお菓子をいただきます。

     

    そのほか

    当日はまるふく農園さんから

    持って来ていただく

    珍しいハーブ苗や

    ハーブウォーター、

    無農薬のハーブブーケ、

    IMUSTANさんの焼き菓子の

    販売もいたします。

     

    ハーブ三昧の週末の時間。

    皆様のご参加をお待ちしております。

     

    ※ハーブチンキとは、お湯や水では抽出できない

    ハーブの有効成分を アルコールにより抽出し

    保存するための浸剤。

    ハーブティンクチャーとも呼ばれます。

    ”まるふく農園”

    炭素循環農法の考え方を元に

    肥料も農薬も使わずにハーブを育てる

    高知市のハーブ専門農家。

    食用から鑑賞用まで200種以上のハーブを栽培、

    様々な用途に合わせて

    提案や出荷をされていているほか

    ハーブをより身近に感じれるような

    WSやイベントを

    中国四国を中心に関東や関西でも

    精力的に活動中。

    農園の名前は明治時代から続く屋号

    「丸福」が由来だそう。

    Labo & Tea room

    〜夏のハーブの使い方WS〜

    (講師:楠瀬@まるふく農園 & 大澤)

     

    日時 :6月22日(土)

       ①10:30-12:00 満席

    ②14:30-16:00

     

    場所:atelier LA NOTE MUETTE

    (岡山市北区丸の内2-10-5)

     

    参加費:¥5,000

    (すべての材料費 お菓子代込、税別)

     

    参加ご希望の方は

    お名前、連絡のつきやすい電話番号と

    ご希望時間を明記の上、

    下記メールアドレスへ送信ください。

    ※2日以内に返信がない場合は

    届いていない場合がございますため

    お手数ですが 086-230-4745 

    ご一報をお願いいたします。

    (留守電の場合はお名前とお電話番号を

    いただければ折り返しいたします。)

     

    info@lanotemuette.info

     

     

     

     

     

     

     

    Tag :

    Please reload

    Featured Posts

    シルバーグリーンのリース

    November 10, 2019

    1/1
    Please reload

    Recent Posts

    September 21, 2018

    December 23, 2017

    Please reload

    Archive